風俗で働いています

私が風俗業に向いていると思う理由 私は20代のころからソープ嬢をやったり、いまはデリヘルを副業でやったりと10年以上風俗業に携わっています。 最初のきっかけは、いちごナビと言う風俗求人サイトを見て多くの風俗店があることを知りました。 私は初めの頃はどうお客さまにサービスしていいのか分からず、お店の研修を受けたりして学びましたが、素質があったようで、あっという間に売れっ子のソープ嬢になりました。 顔も悪くないし、おっぱいが大きくウェストが細かったので、おっぱいが好きなお客さまに指名してもらうことが多かったです。 私は完全に淫乱な女性だと思います。 風俗の仕事が大好きです。 性的なことをしていると頭が真っ白になって気持ちいいので、仕事が苦になりません。 お客さまも、本気でイク私の接客態度に大変満足され、私の顧客になってくれます。 いまは昼間は普通のOLをしていますが、夜はデリヘルをやっていて、特に40代以降のおじさまのお相手をするのが楽しいです。 年上の男性が好みなので、40代以降のお客さまにはやる気がガンガン出てしまいます。 そう言ったお客様が多く来るのは、やっぱり優良な風俗情報サイトの千葉風俗情報【風俗スタイル】に掲載しているからだと思います。 そして、お客さまと本気のセックスをして、イカされたり、イジメられたりしたり、逆にお客さまのアナルを舐めたりペニスをしゃぶりまくったり、楽しくて気持ちよくて仕方がありません。 私にとって風俗業は天職です。 ●私が風俗で働くわけ 私は普通の平凡な家庭で育ちました。 なので、風俗求人サイトなんかは一度も見たことがなく、まさかこの仕事で携わるなんて思っても見ませんでした。 父は一般企業のサラリーマン、母は専業主婦で休日となってはよく家族一緒にレジャーや家族団欒の時を楽しみました。 両親の喧嘩はほとんど見たこともなく、経済的余裕も十分あった一家でした。 そして、私の学業や運動神経も学校内では上の中ぐらいでした。 友達関係も上手くいっており、学級委員にも何度か選ばれていました。 学級委員といっても、このサイトに載っているようなべたな感じではありませんでした。 しかし、順風満帆に事が進んでいると、私の心の中では刺激的なアウトローな行為に魅力が湧き上がって来たのです。 かと言って危険な夜の繁華街でぶらぶら出歩いたり、悪いお兄さんとつるんだりする事はリスクが大きすぎると思いましたので、この風俗求人に目をつけたのです。 風俗のバイトだったら規律はしっかり守られていると感じましたし、客とスタッフのギブアンドテイクがしっかり成り立っていながらも、刺激的な行為を体験できるので私は風俗という世界に入ったのです。 風俗で働く人々は一体どういった人たちが多いのだろうと最初は色々悪いイメージで私は考えていたのですが、現代では端に趣味に投資するお金を稼ぐ為やら、若い今だからこそ働ける職場と考えている人たちが多く、私の職場では借金で泣く泣く働いているという人はあまり存在しませんでした。 そこで働く人々の性格も親切な方が多く、思いやりがある普通の人が多い印象でした。 そう言えば、このお店は風俗情報サイトの中でも一番良いのではないかと思われている大塚デリヘル情報のサイトに掲載されている。 風俗は今でも差別的な職であると一般的な人々は意識しているようですが、昔より比べ、性への開放が広まった今風俗で働く抵抗感は薄いと感じます。

コメントを残す